常喜家 天野川蛍

常喜家 天野川蛍

滋賀県米原市と言うと、、、実は、知る人ぞ知る七夕伝説の土地です。
ご当地には、天野川もあって、織姫と牽牛の一夜の出会いの場所になっています。。。

そんなご当地、天野川と言えば、源氏蛍の保護活動が盛んで蛍の名所としても知られてます。
今日は、そんな蛍に因んだお土産をご紹介します。

今回ご紹介するのは、「醒井の里・水の宿駅」にあった、「天野川蛍」です。


▼醒井の里・水の宿駅の地図

▼JR醒ヶ井駅の隣にある「醒井の里・水の宿駅」 


実は、この「天野川蛍」の"もなか"は、地元民にとってはお馴染みだと思います。
法事などに出てくる定番のお菓子として、知られています。



管理人も実は何度も食べている訳ですが、ここで改めて、実食して見る事にします^^



「常喜家(じょうきや)天野川蛍」を食べた感想

と言う事で、早速、「常喜家(じょうきや)天野川蛍」を実食します^^

価格は、1個160円(税込)、1箱6個で960円(税込)でした。


その表面の紙を取り外してみると、、、あら、大きなゴキ・・・。
うっ!ゲフンゲフン・・・、いえ、何でもございません。

表面紙を取り除くと、大きな源氏蛍のお出ましです。
ちなみに、裏面も同じフォルムです。


側面から見た図です。
やはり、どこからどう見ても、源氏蛍さながらの流線形のフォルムです。

決して、別のものではございません。


またここで邪道な食べ方なのですが、このモナカの中身を御開帳。。。

べろーんとめくると、こんな感じです。
北海道産のつぶ餡がたっぷり入っていて、さらに求肥餅が入っています。


さぁ、あんまし褒められた食べ方ではないので、もう一度元に戻して食べ直します。
まずは、一口パクっと。



うん。モナカです。モナカ以外の何物でもありません。
少々、餅が入っているので、それが、良いアクセントになっていますね。

餡は適度な甘さで、もなかのパフ(?)は、唇によくひっつきます(^^;
やっぱり、モナカはモナカでした。ただ、そのフォルムの良さで、お気に入り度で★4です。


<「常喜家(じょうきや)天野川蛍」 を試食しての評価>

価格:1個160円(税込)、1箱(6個)960円(税込)
※値段は時期や消費税率によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★☆☆☆
管理人お気に入り度:★★★★☆
※★3つが標準です

【PR】具材が中から飛び出す、最中のお吸い物をご存知ですか?
初めて見た時には、きっと感動すると思います^^ 


【楽天市場】写真入り メッセージカード作成お湯を入れるだけ。ご自宅で本格お吸物!16個入。だし汁のうま...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<