扶蓉の近江路の味あられ巻せんべい

扶蓉の近江路の味あられ巻せんべい

滋賀県米原市の湖岸道路を入っていると道の駅「近江母の郷」が見えて来ます。
この近江母の郷でよく売れているお菓子に『扶蓉の大名ピーナツクッキー』があります。

大名ピーナツクッキーを販売されているのが、扶蓉製菓本舗なのですが、
その扶蓉製菓には、もう一つ、売れ筋のお菓子があります。

それが、今回ご紹介する「扶蓉の近江路の味あられ巻せんべい」です。
(正式名はちょっと長い名前なんで、以下は略称で「扶蓉のあられ巻」と呼ぶ事にします)


▼道の駅「近江母の郷」の地図

▼道の駅「近江母の郷」 物産交流館さざなみ


「扶蓉のあられ巻」は、この店でも売れ筋商品の一つになっています。



一見見た目は、細長くて、京都土産の八橋みたいだなとも思ったんですが、
実際、管理人もこれまで食べたことがないので、どんな味があるのか、興味津津です。

って、ことで、「扶蓉のあられ巻」を購入して、実食してみることにします^^


「扶蓉の近江路の味あられ巻せんべい」を食べてみた感想

下記が購入した「扶蓉のあられ巻」です。

価格は、1袋6本入りで500円(税抜)です。


一本だけ取り出すと、下記のような感じです。
細長ーい棒状のお菓子です。


取り出すと、小麦粉で焼かれたロール状の煎餅が出て来ますが、、、
この小麦粉で焼かれた煎餅の中に、、、何か入っていますね!何でしょうか?


と言う事で、一口食べて見ると、、、出てきたのは、醤油味のあられですね!。


こう言うのを見ると、管理人は、子供心ながらに分解して食べて見たくなるのです(笑
・・・ってことで、外側のロール状の部分だけ食べて見ました。

外側だけ、カリカリ食べ進んでいくと、下記のように、あられ2枚入ってました^^
なるほど、面白い構造になってますね^^;


このように、外がロール状のせんべいで、中が醤油味のあられで2種類の食感を楽しめます。
二つを同時に食べると、カリカリパキッっと言う感じですね。

また、味の方は、中身も外側も、単品としては一度は食べたことのある
オーソドックスな、焼き菓子の味ですね。

それぞれの味の組み合わせ的にも、悪くないと思います。


ちょっと変わった和菓子をお土産にしたい・・・と言う方には、
「扶蓉の近江路の味あられ巻せんべい」は面白い存在かもしれません^^


<「扶蓉の近江路の味あられ巻せんべい」 を試食しての評価>

価格:1袋6本入りで500円(税抜)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★★★☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です

【PR】
京都の老舗の「せんべいおかき専門店 小倉山荘」
甘いたまご煎餅で醤油あられをつつんだ「あられづつみ」・・・不思議なお菓子です。


【楽天市場】トロリとおかきに絡み合うチーズとバターあられづつみ小町 ご愛食用袋・14本(エダムチーズ×7...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<