堅ボーロ(清水ボーロ)

堅ボーロ(清水ボーロ)

滋賀県長浜市の名物土産の一つに挙げられるのが、『堅ボーロ』です。
しかし、長浜には、二つ「堅ボーロ」を取り扱っている店があります。

一つは、比較的道の駅でも売られているのを見かける「田中屋本店の長浜ボーロ」です。


▼田中屋本店の長浜ボーロ 「近江母の郷」の土産物販売所にて



そしてもう一つが、下記の「元祖 堅ボーロ本舗の 本家 堅ボーロ」です。

▼元祖 堅ボーロ本店の本家 堅ボーロ 「長浜・まちの駅」にて


まぁ、値段的に考えれば、、、

250g 370円(税込)の田中屋本店
200g 540円(税込)の元祖 堅ボーロ本舗

ですので、圧倒的に田中屋本店さんの方が、お安いです。


しかし、元祖 堅ボーロ本舗は、長浜市の堅ボーロの元祖で、ちょっとプレミアムがあります。
さらに、こちらは「宮内庁御用達」のお菓子でもあります。

それだけに、お土産としてなら、より喜ばれる方が良いかと思い、
今回は、元祖 堅ボーロ本舗の『本家 堅ボーロ(清水ボーロ)』を試します。


▼「元祖 堅ボーロ本舗」の地図

▼堅ボーロは、海洋堂フィギュアミュージアムそばの「長浜まちの駅」でも、購入可能



「元祖 堅ボーロ本舗の本家 堅ボーロ」を食べてみた感想

下記がその「本家 堅ボーロ」です。

価格は、540円(税込)です。


容量に比べ、ちょっと高いお土産ですが、先ほど言ったように「宮内庁御用達」のお菓子です。
さらには、第16回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞している、由緒正しきお菓子です^^



裏面には何やら、由緒書きらしきものがありますね。
ちょっと読んでみましょう。

堅ボーロは明治二十七年清水岩次郎が考案発売したもので
長浜城跡の安太(あのう)積みの城石をかたどった銘菓であります。

又、琵琶湖にそそぐ姉川のさざれ石にも似ているとも言われ、県外で活躍されている皆様から、 故郷の近江の味を噛みしめる風情があると懐かしんで頂いております。


まぁ、上記の通り、城石にかたどった銘菓のようで、さざれ石にも例えられるフォルムだとか。
下記が、取り出した堅ボーロですが、、、確かにそんな感じですね^^;



味はどうでしょうか?

カリッっと一口、、、のはずが、、、堅い、堅いよコレ。割れないよぅ。。。(´;ω;`)
さすが、堅ボーロと呼ばれるだけの事はありますね。凄く堅いです。


しかし、これを食べた天皇陛下は、歯大丈夫だったのかなぁ、、、と要らぬ心配をしつつ、
少し口の中で転がしてあげてから、ゆっくり噛みます。

すると、砂糖と生姜の味の白い部分がゆっくりと口の中に広がり、
堅ボーロの中心の堅い部分も、それとともに徐々に噛めるようになります^^;


なかなか食べるのにも気を使うお菓子ですが、
味の方は、生姜の味もそれほどキツクなくて、さっぱりと、イイ味に仕上がっています。


ボーロの堅さの方は、、、これは、好みが分かれるんじゃないかなと思います。
お土産用にするなら、歯の悪い人に、これを贈るのは辞めておいた方が良いと思います(苦笑

通販でも購入できますので、気になる方は、下記よりどうぞ。


<「元祖 堅ボーロ本舗の本家 堅ボーロ」 を試食しての評価>

価格:540円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★☆☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です

【PR】
宮内庁御用達!とんねるず食わず嫌い王 年間総合3位を2回も獲得した老舗!
料理記者 岸朝子の東京5つ星の手土産にも掲載!【一ヶ重 宝尽くし(和菓子つき)】


【楽天市場】手土産・お土産・贈り物に安心のお菓子詰め合わせ☆とんねるず食わず嫌い王総合3位の老舗銘菓×...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<