茶楽(ちゃらく) お万さん

茶楽(ちゃらく) お万さん

長浜で暮らしていると、法事の供物や結婚式の引き出物などで、
思わぬところで、地元の名物お菓子や、初めて見る珍しいお菓子に出会ったりします。

今回ご紹介するお土産も、、、実は、法事用の供物として頂いた物です^^;
その名は、、、「お万さん(おまんさん)」という和菓子です。

お万というなんとなく、独特な響き、、、
そういや、昔、徳川家康の側室に、お万の方(結城秀康の生母)が居ましたが、
なんか関係あったりするんでしょうかねぇ?


まぁ、そんな事は、ひとまず置いといて。。。
この和菓子を出しているのは、長浜市大戌亥町にある和菓子とカフェ『茶楽(ちゃらく)』です。

この茶楽(ちゃらく)は、以前に、「なべかままんじゅう」や「窯出しもちパイ
さらに、「かりんとまんじゅう」で、取り上げたお店です。

▼「茶楽(ちゃらく)」の店舗外観

▼「茶楽(ちゃらく)」の地図


少し前に、店舗に立ち寄った時には、気付かなかった和菓子なんですが、、、
いつの間に出されていたのでしょうか^^;

まぁ、茶楽さんは、和菓子も多くの種類があるので、見逃していたのかも知れませんが。
まぁ、この茶楽さんは、店舗の方では、お菓子各種100円でドリンク無料という、
なかなかのサービスをされてますので、和菓子好きには嬉しいお店です^^

▼茶楽(ちゃらく)はドリンクが無料!

▼和菓子を中心に、カウンターやテーブルにはお菓子が盛りだくさん!


さて、肝心の「お万さん(おまんさん)」という和菓子ですが、
何分、ご進物で頂いたので、(詳しい値段等は不明なのですが)、、、
取りあえず、茶楽(ちゃらく)の「お万さん」を食べて見ましょう^^


「茶楽(ちゃらく) お万さん」を食べてみた感想

下記がその「茶楽(ちゃらく) お万さん」です。

価格は、(恐らく)1個100円(税抜)です。


外側のパッケージには和菓子にしては、「乳菓」という見慣れない文字が。
取りあえず、あけてみましょう。。。

すると、上記のように、なかからは純和風のおまんじゅうです。
上に乗っているのは、、、くるみですね。

ちなみに、裏面は下記のような感じです。

わりとふっくらした生地で底面はしっかり焼き色もついて焼かれていますね。
では、食べてみましょう。


食べてみると、中からは、手芒餡(いんげん豆の餡)が、ぎっしり詰まってました。
ここら辺は、名古屋銘菓のなごやん(下記)と同じような感じです。


ただ、、、この「お万さん」は、味的になごやんとは、少し味が違うのですね。。。
なんかこう、、、より、しっとりしている、、、というか。まろやかなんです。

単なる手芒餡ではありません。
その辺に、パッケージ記載の「乳菓」というのが関係しているように思います。


裏面の原材料を見ますと、、、その訳が分かりました。
普通はまんじゅうには使われない、「練乳」が使われているみたいです。

これが、手芒餡をしっとりまったりさせている隠し味のようですね^^


なごやんも美味しいですが、このお万さんも、なかなかイケます。
くるみも、こりっとした歯触りで良いアクセントです。
(ただ、甘さは割と控えめなので、甘党にはやや物足りないかもしれません)


まぁ、普段のお菓子の他にも、法事や結婚式の引き出物など、
そういう類には、ぴったりのお菓子の一つだと思いますね。


<「茶楽(ちゃらく) お万さん」 を試食しての評価>

価格:(多分)1個100円(税抜)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★☆☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です


【PR】
名古屋名物の定番品。なごやん。


【楽天市場】ギフトお歳暮にも最適★名古屋の銘菓で定番お土産。帰省手土産にも便利な黄味あんを包んだお菓...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<