はとや 本家木之本 地蔵せんべい

はとや 本家木之本 地蔵せんべい

今回も、長浜市木之本町のお土産です^^

長浜市木之本町は、北国街道の宿場町として栄えた土地で、木之本地蔵が有名ですが、、、
ここには「木之本名物 地蔵せんべい」という代表銘菓があります。


ただ、この「木之本名物 地蔵せんべい」なんですが・・・。
単一の店舗で作っている訳ではなく、地元では多くの菓子店で出されているんですよね^^;

少なくとも、管理人が確認する所では、、、
菓子処はとや」さん、「菓子乃蔵 角屋」さん、「菓匠禄兵衛」さんと、、、
三店舗から、「木之本名物 地蔵せんべい」が販売されているのを確認しております。

▼菓匠禄兵衛 本店

▼菓子乃蔵 角屋


それで、そのうち、最も古くから、「木之本名物 地蔵せんべい」が販売されているのは、、、
恐らく、今回ご紹介する「菓子処はとやさんの地蔵せんべい」です。

▼菓子処はとや(谷製菓鋪)

▼「菓子処はとや」の地図


ただ、、、菓子処はとや(谷製菓鋪)さんの「木之本名物 地蔵せんべい」も、
現在は、長浜市三ツ矢町のアオヤマと言う処で地蔵せんべいを製造しているようです。

まぁ、菓子店同士の「地蔵せんべい」争いや製造処の違い等、色々諸事情あるみたいですが、
とにもかくにも、菓子処はとやさんに直接お邪魔して、
「木之本名物 地蔵せんべい」をチェックしてきました^^;

はとやさんには、色々な木之本のお土産がある訳ですが・・・


お目当ての「木之本名物 地蔵せんべい」は、段ボールの中に、無造作に売られてました^^;


こちらが、はとやさんの、、、「本家木之本 地蔵せんべい」です。


菓子乃蔵 角屋さんの木之本名物 地蔵せんべい」については、本家の称号が付いてないので、
やっぱり、元祖(本家)は、こちらのはとやさんの方ではないかと、管理人は思ってます。

まぁ、それぞれ違いはあるでしょうが・・・
取りあえず、一番大事なのは「味」ですからね。

今回は、試食とともに、純粋に味比べ、、、をして見ようと思います^^;


「はとや 本家木之本 地蔵せんべい」を食べてみた感想

下記が、"はとや"の『本家木之本 地蔵せんべい』です。

価格は、1個4枚入りで330円(税込)です。
※ちなみに、「菓子乃蔵 角屋」の地蔵せんべいは、1個5枚入りで380円(税込)です


横から眺めてみると、4枚入っているのが確認できます。


包装を開けてみると、、、

また、中から包装された地蔵せんべいが。
これで、一段階目の脱皮完了です(笑


されに、もう一段脱皮してみましょう。
すると、下記のようなお地蔵さんのせんべいが出て来ました。

▼「はとや」の『本家 地蔵せんべい』

▼「菓子乃蔵 角屋」の『地蔵せんべい』


フォルムを、「菓子乃蔵 角屋」の『地蔵せんべい』と比べてみると、、、
「はとや」の『本家 地蔵せんべい』の方が、地蔵のフォルムがしっかり描かれてますね。

それと、しっかりと、「本家 地蔵せんべい」と銘打ってあります。


あと、生地自体も、「はとや」の『本家 地蔵せんべい』の方は、固めのように思われます。


では、、、食べてみましょう
パキッっと良い音を立てて、割れました。


いやぁぁ!!お地蔵さんの顔がぁ!!!
・・・なんてことは気にせずに、パクパク食べます(笑


まぁ、味的には、シンプルな小麦粉を使った焼きせんべいなんですが、、、
「菓子乃蔵 角屋」のそれと比べると、やや生地の詰まり具合がこちらの方が上ですね。

逆に、「菓子乃蔵 角屋」の方は良い言えばふっくらしてるか。
悪い食えば、生地が薄いと言えなくもないですが。。。



まぁ味的には、双方非常によく似ていますが、、、
噛み応えのある方を食べたい方は、はとやさんの方をオススメしますね。

この辺は、好みにもよるかもしれませんね。


<「はとや 本家木之本 地蔵せんべい」 を試食しての評価>

価格:1個4枚入りで330円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です


【PR】焼文字が選べるおせんべいはいかがですか?


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<