仁木製菓 銘菓 伊吹山

仁木製菓 銘菓 伊吹山

滋賀県の米原市にある湖北のシンボルと言えば、、、伊吹山ですね^^
前回の「伊吹のよもぎまんじゅう」に引き続き、今回も伊吹山に因んだお土産を紹介します。

なお、今回のお土産も、道の駅「伊吹の里・旬彩の森」で購入したお土産です^^;

▼伊吹の里・旬彩の森の地図

▼伊吹の里・旬彩の森


購入したのは、道の駅「伊吹の里・旬彩の森」のお土産物売り場の、
『仁木製菓』のコーナーの下記お菓子です。

その名も、、、『伊吹山』です!


なんともまぁ、ストレートなネーミングですが・・・

仁木製菓さんのお土産では、これまで
若鮎』、『やいとばやし』、『柏原宿』、『伊吹のよもぎまんじゅう』と紹介してますが、、、

こちらの『銘菓 伊吹山』は、一体、どんなお味でしょうか(^q^)
早速試食して見る事にしました^^


「仁木製菓 銘菓 伊吹山」を食べた感想

下記が、購入した「仁木製菓 銘菓 伊吹山」です。

価格は、1個105円(税込)でした。


この『銘菓 伊吹山』ですが、、、
まだ封を開けてない段階から、何か清々しい香りがするんですよね。。。

裏面の原材料を見ますと、、、正体は、どうやらニッキ粉のようです。
どおりで、鼻がスースーする様な感覚です^^;


で、ついでに言いますと、この銘菓 伊吹山は、全国菓子博名誉金賞受賞のお菓子みたいです。
そこまで書かれているとなると、、、期待が高まりますね♪


では、まずは、封を開けてみましょう。
すると、、、ニッキの香りとともに、焼き色のついた物体が出て来ました!


なんとなく、フォルム的に伊吹山を模しているのかな?と言う気がしないでもないですね。
ただ、ちょっと、、、生地がひび割れているのが確認できます。

どうも、焼き菓子で、ボロボロ崩れやすい、もろい性質があるようです。
なので、慎重に持ち上げて、、、



パクっと一口。。。

ほぉぉ、なるほど。外側は、ニッキ粉と粉糖でやや甘く生地が作られています。
焼菓子らしく香ばしい味もして、なかなかイケる味ですね^^

ただ、、、もろい。。。
食べているそばから、ボロボロと崩れるのが、ちょっと難点です。


中の餡は、黄身餡で、「なごやん(下記)」と同じような餡で、甘くさっぱりとした餡です。



黄身餡は、オーソドックスな味ですが、餡は生地の中まで、しっかり詰まっています。


まんじゅうの味としては、うん、申し分ないですね。
さすが、全国菓子博名誉金賞受賞のお菓子だけはありますね。

ただ、、、やっぱりもろいのがネックなので、、、
他人への手土産などには少し、向きづらい和菓子、、、なのかもしれません。


<「仁木製菓 銘菓 伊吹山」 を試食しての評価>

価格:1個105円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★☆☆☆


【PR】JR九州の特急列車内お土産人気ナンバーワン!
しろ餡の中にバターを使用した和洋折衷の洋風なおまんじゅう。【明月堂 傑作饅頭 博多通りもん】


【楽天市場】モンド・セレクション11年連続受賞2011年最高位特別金賞受賞!【JR九州特急列車の車内販売お土...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<