菓匠禄兵衛 でっち羊羹

菓匠禄兵衛 でっち羊羹

最近、JR長浜駅に、新しく出来た平和堂「モンデクール」に行ったのですが、
平和堂モンデクールの中にも、昨今軒並み店舗数を増やしているあのお店がありました。。。

▼平和堂モンデクール

▼「平和堂モンデクール」の地図


そう、それは、滋賀の湖北地域の和菓子の老舗、「菓匠禄兵衛(かしょうろくべえ)」です。

モンデクールの中の禄兵衛には、店員さんが居なかったので、正式には店舗ではなく、
禄兵衛のお土産コーナーと言った方が良いのでしょうが、、、

▼平和堂モンデクール2Fの「菓匠禄兵衛」

木ノ本本店のほか、以前紹介した長浜店バイパス店、浅井店、黒壁店、
その他、大阪や東京のデパ地下まで出店しているみたいなので、、、

まぁ、ここ数年で、凄い勢いで店舗数が増えていますね。


まぁ、それは良いとして、菓匠禄兵衛さんのお土産としては、、、
以前に「名代草餅(黒さや草餅)」や「本之木餅(もとのきもち)」を紹介していますが、
今回、管理人が紹介するのは、、、「でっち羊羹」です♪

▼菓匠禄兵衛の金のでっち羊羹


それで、菓匠禄兵衛のでっち羊羹には、2種類ありますが、
一つは高級品の上記の「金のでっち羊羹」があります。

が、管理人が今回紹介するのは、安いほうの普通の「でっち羊羹」です^^;


なぜ、安い方なのかと言えば、、、単純に、頂き物だからです^^;

いつもは、管理人が自腹でお土産を購入してるんですが、、、
今回は、珍しく頂き物で、お土産のレポートをさせて頂きます。



「菓匠禄兵衛 でっち羊羹」を食べてみた感想

下記がその「菓匠禄兵衛 でっち羊羹」です。

価格は、1個216円(税込)(税込)です。


なぜ、でっちと言うのかと言うと・・・裏面にその理由が書かれてました。

近江名物・でっち羊羹。
昔、農家の次男と三男は、都の商家へ丁稚(でっち)として奉公に出るという習わしがありました。故郷へ帰郷したのち、奉公先への土産として、田舎にある素朴な素材で作った羊羹を我が子に持たせたことが「でっち羊羹」の由来です。

まぁ、何と言うか昔の厳しい時代の名残のあるお土産なんですねぇ。。。


ま、それはともかく食べてみましょうか。

中を開けますと、、、
長細い形の"竹皮につつまれたもの"が、出て来ました。


そして、その中には、カットなしの羊羹が丸ごと詰まっています。

一切加工されてないので、のべーっとしているフォルムですね。


では、実食してみたいと思います。

爪楊枝で羊羹の端を切って、、、一口パクリ!


うーん、この羊羹は、、、全然、既存の羊羹とは違いますねぇ。。。
それほど、甘くなくて、まろやかでほのかな甘さだけが口の中に残ります。

井村屋の羊羹とか、とらやの羊羹とかとは、また違った羊羹の種類ですね。


言ってみれば、羊羹をデザート風に仕立て上げたような感じです。
だから、昼食後のデザートとかに、これが出てきても、まったく違和感ない味ですね。


プルンプルンしてて、こんにゃくのようなツヤがあって、、、
断面は、きめ細やかで、口の中では、はらりとほどける、、、そんな感じです。

砂糖もそれほど使わずに、さっぱりまろやかに仕立てた感じなので、
羊羹嫌いな方でも、食べられるんじゃないでしょうか?

昔にならって、、、あなたも、奉公先に、一本、お土産でいかがですか?


<「菓匠禄兵衛 でっち羊羹」 を試食しての評価>

価格:1個216円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です

【PR】
水っぽい水ようかんでなくしっかりしたお味の自信の逸品!
これぞほんとの水ようかん!!福井名物、越前村の丁稚羊羹(水ようかん)



【楽天市場】冷たくてあま?い水ようかん! お試し価格にてご奉仕中。お一人様一箱限りでお願いいたします。...

カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<