近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)

近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)

JR長浜駅の隣に新しく出来た平和堂「モンデクール」。
ここには、長浜市だけでなく、滋賀県内のお土産も購入できるようになっています。

▼平和堂モンデクール

▼「平和堂モンデクール」の地図


2Fのお土産物街「おうみお土産小路」には、色々な滋賀の名物が売られています。

▼平和堂モンデクール2Fおうみお土産小路

その中で、野洲市の鮎屋グループがやっている和菓子ブランド
「近江藤斎(おうみとうさい)」の和菓子コーナーを発見。


「近江藤斎」と言えば藤斎最中なんかが有名ですが、、、
それ以外に、置かれていて気になったお菓子が、下記の「近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)」です

▼近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)


このお土産に関しては、管理人もまだ食べた事が無い、未知のお土産です(^^;
ですので、、、これは試さずにはいられませんよね!


と言う事で、今回は、、、
『近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)』を、実食してみることにしました。



「近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)」を食べてみた感想

下記がその「近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)」です。

価格は、1個173円(税込)です。
(※5個入り972円(税込)、10個入り1880円(税込))


中を開けますと、、、
下記のように、丸い白い粉の着いた物体が出て来ました。


なんだかこう、、、ジャガイモのようなフォルムですが・・・。
この外見は、近江の比良山脈の峰々の雪景色をモチーフに作られたそうです(笑

裏面を向けると、下記のように、びっしり白い粉が着いてました。


この白い粉をちょっと舐めてみると、結構甘いですね。
これは、、、「粉糖」ですね!さらさらした甘い粉です。

パクっと一口食べてみます。

あーコレは中々旨いですね^^
大麦粉を加えた生地が粉糖にまぶされていて、、、その中に、手亡豆餡が入ってます。


さらに、その中に、黄色い固形のものが見えますね。

この黄色いのは、栗ですね。栗が丸ごと1個入ってます。
コリコリした感じの栗で、外の柔らかい部分との対称が、なかなか良いアクセントになってます。



コレに似た和菓子としては、「仁木製菓 銘菓 中仙道柏原宿」が似てますね。
(粉糖の分量が多い分、甘さが、比良暮雪の方が際立ってますが)
なかなか、レベルの高いお菓子だと感じます。

まぁ、、、これで、値段さえ安ければ、かなり高評価の申し分ない和菓子なのですが^^;


<「近江藤斎 比良暮雪(ひらのぼせつ)」 を試食しての評価>

価格:1個173円(税込)、5個入り972円(税込)、10個入り1880円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★★☆
※★3つが標準です

【PR】JR九州の特急列車内お土産人気ナンバーワン!
しろ餡の中にバターを使用した和洋折衷の洋風なおまんじゅう。
【明月堂 傑作饅頭 博多通りもん】


【楽天市場】モンド・セレクション11年連続受賞2011年最高位特別金賞受賞!【JR九州特急列車の車内販売お土...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<