元祖 堅ボーロ本舗 ねねの城

元祖 堅ボーロ本舗 ねねの城

長浜市で、皇室献上品のお土産『堅ボーロ』や『宝の露』を送りだしているのが、
和菓子の老舗、元祖 堅ボーロ本舗(清水ボーロ本店)ですが・・・


▼「元祖 堅ボーロ本舗(清水ボーロ本店)」の地図


▼元祖 堅ボーロ本舗の外観


この元祖 堅ボーロ本舗で、近年にわかに売り出し中のお土産が、下記のお土産。
近江路銘菓『ねねの城』です。

長浜まちなか街の駅や神田パーキングエリアなどで販売されています。

▼長浜まちなか街の駅にて

▼長浜神田パーキングエリアにて


ねね』といえば、豊臣秀吉正室、北政所の名前ですが、
どう言う由来かを確認して見ると、下記のように書いてありました。。

<「ねね」のいわれ>

当地長浜は豊太閤が羽柴秀吉と名乗った時代に長浜城を築き、正室の寧子(のちの北政所)と住居された城下町であり、 女太閤紀のヒロインとして、歴史に名高い方の名にちななんで、「ねね」おかしと命名しました。

まぁ、ここの「元祖 堅ボーロ本舗」のお菓子は、
お茶菓子として、非常に名高いのがあり、管理人も『ねねの城』が非常に気になりました^^

と言う事で、今回、お試しで、一つ土産に買っていく事にしたのでした。。。


「元祖 堅ボーロ本舗 ねねの城」を食べてみた感想

下記がその「元祖 堅ボーロ本舗 ねねの城」です。

価格は、1個540円(税込)です。


ビニールの包装を開くと、下記のように透明のビニルパックになっています。
その中に、こげ茶色のゴツゴツした菓子が、たくさんつまっています。



最初、「元祖 堅ボーロ本舗」のお菓子だったので、
てっきり「堅ボーロ」と似たような味のお菓子かな?と思っていたのですが・・・

実は、食べて見たら、全然違いました^^;


この「ねねの城」というお菓子の正体は、、、ズバリかりんとうですね!

ただ、、、普通のかりんとうとも、また、ちょっと違うのです。。。


何が違うかと言うと、その外側の糖の部分ですね。
かりんとうは、普通は、黒糖ですが、この「ねねの城」は黒糖ではありません。

原材料を調べて見ると、、、どうやら、小豆の密が使われているそうです。


また、この小豆の糖のせいか分からないですが、
普通のかりんとう以上に、しっとりしているというか・・・

なんか食べても、カリッと言う感じでは無く、ザクッっと感じなんですよね。

まるで、少し硬い麩菓子のようにザックリとした歯ごたえになっています。
これはこれで、また良い食感ではありますが。


生地の部分は、少し胡麻が練り込んであって香ばしい感じですね。


味的には、一風変わった、少し大ぶりの"かんりんとう"と言う感じで、
個人的には、普通のかりんとうよりは、こっちの方が好きですね。

「ねねの城」は、通販でも購入できますので、気になる方は、下記よりどうぞ。


<「元祖 堅ボーロ本舗 ねねの城」 を試食しての評価>

価格:1個180円(税込)(箱付きで+20円)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です

【PR】木村秋則さんの自然栽培りんごを練りこんだかりんとうです!
肥料・農薬を使わずに育てる木村秋則さんの「奇跡のりんご」 をおからに練りこんだかりんとう!



【楽天市場】木村秋則さんの自然栽培りんごを練りこんだかりんとうです!りんごもかりんとうも丹精込めて作...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<