丸喜屋 虎の石

丸喜屋 虎の石

管理人は、これまで滋賀県長浜市の黒壁スクエア周辺については、色々散策してきましたが、
駅前通りの反対の南側の方(平和堂の裏通り)は、あまり多くは触れて来ませんでした。

しかし、この平和堂の裏の通りにも実は、老舗のお土産物屋さんが多いんです。
その代表格とも言えるのが、「豊公もなか」でお馴染みの『丸喜屋』さんです。

▼丸喜屋の店舗

▼「丸喜屋」の地図


まぁ、一番のこのお店で知名度の高いのは、「豊公もなか」ですが、、、
それ以外にも、翼果楼の定食のデザートの「千代子餅」を作っているのもこの『丸喜屋』さんです。

他にも、色々なお土産を販売されているのですが・・・

特に、今回、ご紹介するのは、こちら!
『銘菓 虎の石まんじゅう』です!


上記は、中央で分かれていますが、左が小豆餡で、右が白あんです。
(長浜の有名な料理旅館「千茂登」のお茶受けにも使われていたお菓子のようです)


管理人は、この『虎の石』という、いかついネーミングに惹かれて、
ついつい、1個購入してしまうのでした^^;


「丸喜屋 虎の石」を食べてみた感想

下記がその『丸喜屋 虎の石』です。(小豆餡の方です)

価格は、1個120円(税込)です。


『虎の石』というネーミングだけに、どういう御菓子なんだろう?と思って開いて見ると、、、
下記のような、和菓子でした。


虎の石というのは、虎色の石?と言う意味なのでしょうか。
何となくお菓子全体の色は確かには虎色ですね^^;

まぁ、実際、ネーミングの由来を聞いてないので、確かな事は言えないのですが、
虎色のような石っぽい見た目ではあると思いますね。


ま、ネーミングの事は置いといて、早速食べて見ましょう!


まぁ、妙に中央の黒ポッチが気にはなるのですが、まずは、周りから食べてみます^^;

パクっと一口食べて見ると、、、中は、赤黒い感じの小豆餡になっています。


この小豆餡、、、なかなか味がしっかりしていて、旨いですね。
普通の餡より、やや濃厚な味で、かつ、上品なこし餡なので、管理人的に好きな味です^^


謎の黒ぽっちも食べて見たんですが・・・原材料を見ても、これは分かりませんでした。
原材料に記載はないっぽいのですが、、、どうもこれはレーズンですね。

中央に、やや甘酸っぱいレーズンが配されていることで、
小豆のまんじゅうの甘さの中に、良いアクセントを与えてくれているように思えます。


まんじゅうの皮の部分は、しっかりした皮なんですが、やや割れ易くはあります。
でも、食べるのには特に問題なく、分離もしませんでしたので、問題にはならないと思います。


『虎の石』という、いかついネーミングとは裏腹に、なかなかしっかりした和菓子です^^
お茶受けにも合いますし、饅頭好きな方なら、きっと気に入るはずですよ♪


<「丸喜屋 虎の石」 を試食しての評価>

価格:120円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★★☆
※★3つが標準です


【PR】JR九州の特急列車内お土産人気ナンバーワン!
しろ餡の中にバターを使用した和洋折衷の洋風なおまんじゅう。【明月堂 傑作饅頭 博多通りもん】


【楽天市場】モンド・セレクション11年連続受賞2011年最高位特別金賞受賞!【JR九州特急列車の車内販売お土...


カテゴリー:お菓子(和菓子)


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<