忠太郎 黒コロ(近江牛黒コロッケ)

忠太郎 黒コロ(近江牛黒コロッケ)

滋賀県長浜市の黒壁AMISUの隣に、『忠太郎』というお食事処があります。
ここは、何と言うか、、、黒過ぎなんですよね。。。そうお腹が真っ黒。。。

なんて言うのは冗談ですが・・・黒いのは本当。
ここの忠太郎の名物は黒いんです!^^


▼忠太郎の外観


▼「忠太郎」の地図


その黒い名物というのは、、、コレ!
忠太郎の名物、ここでしか食べられない『黒豚の黒とんかつ』です。


まぁ、黒いとんかつなんて、初めて見ました^^;
管理人も実は、まだ食べたこと無いのですが、美味いんでしょうかね、コレ???

まぁ、そんな風に思いつつ看板を眺めていると、、、
お店の入口には、もう一つ、忠太郎名物の黒いモノがありました!


見ると、そのノボリには、こう書いてありました。『長浜新名物 黒コロ』と。


そして、お店入り口近くにある、ショーケースには、何やら黒い得体の知らない物体が。。。
食べ歩き用の土産みたいですが、黒丸二つが、紙袋の中に入れられて販売されています。


どうやら、近江牛を使用した黒コロッケらしいです。
管理人も実は、まだ食べたこと無いのですが、美味いんでしょうかね、コレ???(笑


うーむ。黒いとんかつと言い、黒いコロッケと言い、何か気になる。。。
と言う事で、まずは、お試しで、『黒いコロッケ(黒コロ)』の方を頂く事にしたのでした。


「忠太郎 黒コロ(近江牛黒コロッケ)」を食べてみた感想

下記がその「忠太郎 黒コロ」です。

価格は、2個入り100円(税込)、3個入り150円(税込)です。
(この値段は、お高い黒壁スクエアにあって、なかなか良心的な値段です^^)


まぁ、この黒コロは、豊国神社方面から黒壁スクエアに来る人にとっては、
ちょうど黒壁の入口付近にあるので、最初に発見する食べ歩きグルメかもしれませんね^^;


では、早速食べて見ましょう。
どんな味がするのか・・・?


まず、爪楊枝で黒コロを指してみると、サクッっと言う感じで刺さります。

衣の黒い正体は、どうやら竹炭のようです。
黒コロを食べると分かるんですが、竹炭を使う事で、揚げ物でもカラッと揚がるんですね!

なので、この黒コロは、揚げ物でも全然、油っぽくないです。
なんか、ヘルシーな感じで有り難いですね♪

味の方は、竹炭特有の苦みも殆ど無く、普通の衣として食べられます。


次に中身の方ですが、ジャガイモが大部分ですね(笑
美味しいジャガイモで、少し近江牛が入っている、、、と言う感じです。

中身の方は、やや甘く味付けされているジャガイモです。
そのまま食べても十分美味しくは食べられますが、ソースがあるともっと美味しくなるかも?

(忠太郎の人、もし、これ見ていたら、ソース置いといて貰えるとより良いかも)


まぁ、この黒コロは、お値段も安いですし、
黒壁スクエアの食べ歩きグルメの始めとして、ちょうど良いお土産かもしれませんね。


<「忠太郎 黒コロ(近江牛黒コロッケ)」 を試食しての評価>

価格:2個100円(税込)、3個150円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★★★☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です

【PR】
地元神戸元町で大行列!
薄皮サクサク、コリッコリの牛筋肉を使った【森谷商店のコロッケ!】


【楽天市場】【がっちりマンデーで紹介された】【送料無料!】(ただし北海道・沖縄へは送料の一部+¥500)【...



▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<