ししコロ

ししコロ

今回は滋賀県長浜市の最北の道の駅『塩津街道 あぢかまの里』にやってきました。
奥琵琶湖のこの地は、古くは敦賀へ抜ける北陸道と琵琶湖の海運との接点として栄えた地です。

多分、長浜市で最も大きい規模の道の駅で、休日にここに来ると、いつも大賑わいです。
と言う事で、ここには、きっと美味しいものがたくさんあるはずです^^


▼道の駅 塩津街道 あぢかまの里の地図

▼道の駅 塩津街道 あぢかまの里


さて、このあぢかまの里で、良いお土産が無いかを探していると、
一番南の端に、「ししコロ」のノボリを発見!



そうなんです。この北近江(だけではないとは思いますが)は、結構イノシシが出るんですよね^^
農家にとっては、イノシシは悪者ですが、そのお肉は美味しい!

って事で、この「ししコロ」はイノシシのミンチ肉を使ったコロッケです。
なんでも、「笑っていいとも」でも紹介されたそうです。


では、期待を込めつつ、いざ、実食!


「ししコロ」を食べた感想

と言う事で、早速、「ししコロ」を実食してみました^^

価格は、1個130円(税込)でした。


こういうコロッケのような揚げものは、その場ですぐ食べないと味が落ちます。
なので、お持ち帰りは不向きですので、その場で、すぐ食べます。

ししコロの色は、イイ感じのキツネ色に揚がってますね。
手に油が付かないように、紙袋に包んで貰えてますが、少し油が滲んできてますね。
(すぐ食べちゃいましょう)


パクっと一口食べると、中は、ほかほかのジャガイモとイノシシ肉の具になっています。
イノシシ肉は、癖のある場合もありますが、このししコロは癖がないです。

多分、最初から牛肉コロッケだと言われて渡されれば、猪肉コロッケであることに気付きませんね。


イノシシのミンチ肉の方は、それほど具材として目立たずアクセント的なものだと思います。


何か一つ、足りないとすれば、、、それは多分、ソースですね(笑
管理人は、家ではコロッケはソースを付けて食べる習慣なので、ソースがあれば良いなぁと思いました。

美味しさ的には全く、普通の牛肉コロッケとそん色ありません。
揚げたてのコロッケは、それは美味いものです。


<「ししコロ」 を試食しての評価>

価格:1個130円(税込)
※値段は時期や消費税率によって変動する場合があります

お土産の味:★★★☆☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です

【PR】
地元神戸元町で大行列!
薄皮サクサク、コリッコリの牛筋肉を使った【森谷商店のコロッケ!】


【楽天市場】【がっちりマンデーで紹介された】【送料無料!】(ただし北海道・沖縄へは送料の一部+¥500)【...



▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<