翼果楼(よかろう)焼鯖そうめん・焼鯖寿司

翼果楼(よかろう)焼鯖そうめん・焼鯖寿司

滋賀県長浜市のお土産で有名なものに「焼鯖そうめん」がありますが、
長浜で最も著名なのが「翼果楼(よかろう)」の焼鯖そうめんです。

翼果楼(よかろう)は、以前『焼鯖そうめん』の記事でも一度、触れましたが、
改めて、翼果楼(よかろう)の定食メニュー(お千代膳・焼鯖寿司付き)に絞ってレポートします^^


▼「翼果楼(よかろう)」の地図

▼翼果楼(よかろう)の店舗外観


長浜の黒壁スクエアの中核、黒壁ガラス館の近くに、焼鯖そうめんの名店、翼果楼があります。
店舗は、昔ながらの旧家といった佇まいで、歴史を感じさせますね^^

でも、これは、店舗の側面でして、入口は建て物の横の路地を入ったところが本当の玄関です(笑


▼翼果楼(よかろう)の入口


観光客も、名物焼鯖そうめんを目当てに、この翼果楼に来られますが、
多くの方は、「焼鯖そうめん」単品メニューでは無く、定食のセットで食べられています。


▼翼果楼(よかろう)のランチ定食メニュー(※これ以外にもあります)


管理人は、せっかくなので、焼鯖そうめん以外にも、
近江の名物である赤こんにゃくや、焼鯖寿司などがついたお千代膳を頂く事にしました。



「翼果楼 焼鯖そうめん(お千代膳・焼鯖寿司付き)」を食べてみた感想

下記がその「お千代膳・焼鯖寿司付き」です。

価格は、2,040円(税込)です。


名物焼鯖そうめん以外に、焼鯖寿司、赤こんにゃく、前菜(和えもの)、吸い物、デザートが付いています。


下記が、この店自慢の焼鯖そうめんです。
結構、焼鯖は大きいです。醤油とダシで煮たそうめんの上に乗っています。


鯖の方は、本当に柔らかくて、、、骨まで食べられるんですよね^^
たっぷりダシの味が染み込んだ暖かいそうめんと旨く味が馴染んでいます。

滋賀北部の長浜でしか食べられない味なので、観光に来たなら、絶対食べておくべきですね。


さて、、、続いて、焼鯖寿司も頂きましょう。
こちらの焼鯖も滋賀北部や若狭辺り鯖街道の名産品ですね。


見て下さい、この鯖の分厚さ!シャリの厚さと変わりませんね^^

鯖は凄く脂が乗っていますが、鯖とシャリの間の紫蘇の葉と湯葉が良いアクセントになって、
さっぱり食べさせてくれる一品です。これもランチにオススメですね♪


下記は、お吸い物です。比較的、薄味に仕立てられています。
鮎に象った麩と、わかめ、生湯葉が具に入って、あと、かんきつ系の皮も入っていますたね。

湯葉も滋賀県の名物で、約1200年前に最澄が中国から持ち帰ったのが初めだそうです。
(比叡山の湯葉(比叡ゆば)が有名))


そして、下記は、近江八幡名物の赤こんにゃくです^^;
味は、普通のこんにゃくと同じですが、近江八幡の方は、赤く染められているのです。

赤こんにゃくの田楽も、なかなか旨いですよ。

※お千代膳のうち、前菜(和えもの)は日替わりっぽいので、説明は省きます


そして、最後にデザートです。
チョコ味のするデザートで、"千代子もち"と呼ぶみたいです。

まだ、当サイトでは、紹介してないのですが、
これは、「豊公もなか本舗 丸喜屋の千代子もち」です。これも長浜名物ですね^^


このように、このお千代膳(焼鯖寿司付き)の定食一つだけで、近江の名物を堪能できます^^
滋賀県長浜市に観光で来られたら、地元の名産品が詰まった翼果楼の定食を食べて見て下さい。

(ちなみに「お千代膳」は、長浜に所縁を持つ山内一豊の妻の千代から取られた名前と思われます)


<「翼果楼 焼鯖そうめん(お千代膳・焼鯖寿司付き)」 を試食しての評価>

価格:お千代膳・焼鯖寿司付き 2,040円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★★☆
管理人お気に入り度:★★★★☆
※★3つが標準です

【PR】焼鯖そうめんは、通販でも購入できます!
「自宅で簡単に焼鯖そうめんを作りたい!」と言う方に。。。


【楽天市場】秘密のケンミンSHOWで紹介!滋賀の不思議そうめん 焼サバそうめん焼鯖そうめん(焼き鯖そうめん...




▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<