吉野(よしの) のっぺいうどん

吉野(よしの) のっぺいうどん

滋賀県長浜市の名物料理の『のっぺいうどん』は有名です。

この「のっぺいうどん」は、以前、「茂美志屋(もみじや)」さんをご紹介しましたが、
実は、長浜の"のっぺいうどんの元祖・発祥"と呼ばれる店は、また別にあります。


その元祖の店が、、、下記の「うどん・そば 吉野(よしの)」です。


▼吉野(よしの)の店舗

▼「うどん・そば 吉野(よしの)」の地図

場所は、「海洋堂フィギュアミュージアム」の向かい、「長浜まちなかまちの駅」の隣です。
最近、店舗リニューアルされて、かなりモダンな佇まいのお店ですね。(カフェもあります)


まぁ、この吉野は、のっぺいうどんが、一番有名なのではありますが、
基本的に、うどんやそば、丼物などを食べさせてくれるお店です。

結構メニューも豊富です。


▼吉野(よしの)のメニュー(クリックで拡大)

まぁ、ただ、やはり、長浜に観光に来たなら、
長浜の名物グルメである、「のっぺいうどん」、、、食べない訳にはいきませんね!^^;

と言う事で、吉野の「のっぺいうどん」を食べて見ましょう!
(※せっかくなので、もう一つの名店、茂美志屋さんと比較しつつ、試食してみます)


「吉野(よしの) のっぺいうどん」を食べてみた感想

下記がその「吉野(よしの) のっぺいうどん」です。

価格は、972円(税込)です。
(※この値段は、茂美志屋のものより、130円程お安いです)

▼吉野(よしの) のっぺいうどん


出てきてまず思ったのは、「茂美志屋の のっぺいうどん(下記写真)」と比べると、
椎茸の大きさが、小ぶりであることですね^^;

その代わりに、吉野さんの方は、麩が二個入っていますね。

▼茂美志屋(もみじや) のっぺいうどん


その他の具材は、生湯葉、かまぼこなどは、両者ともに共通していますね。

ちなみに、"のっぺい"とは、吉野葛でとろみをつけた汁が、のっぺりしているから付けられた名前で、 吉野さんの初代店主が、創業明治九年(1876年)に長浜にお店を構えたのが発祥です。

(茂美志屋は明治44年(1911年)創業で、吉野さんの35年もあとに出来た店)


さて、食べてみましょう。。。汁は本当にトロトロ。。。
汁の部分は重みがあって、本当に独特です。

汁の味は、茂美志屋と比べると、吉野の方はやや薄味っぽい気がします。



麺の方は、吉野の方が、ツルツルしている麺だなと感じましたね。
食べ易さでは、吉野の麺の方が食べ易いですね。(重量感は、茂美志屋さんの方があります)


他の食材については、椎茸、生湯葉、麩など、
それぞれ、関西ダシと吉野葛のトロみのある汁と相まって美味しいですね。

特に、生湯葉は、噛み応え有って、美味しいなと思いました。


全体的な評価としては、吉野さんと茂美志屋とでは、甲乙つけがたいのですが、、、

安さと長浜名物としての元祖の味を求めるなら、吉野さんののっぺいうどん。
インパクトやボリュームを求めるなら、茂美志屋さんののっぺいうどんでしょうか。

両者ともに競い合って、今後とも長浜の「のっぺいうどん」を牽引して頂きたいですね^^


<「吉野(よしの) のっぺいうどん」 を試食しての評価>

価格:972円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★☆☆
管理人お気に入り度:★★★☆☆
※★3つが標準です


【PR】大根おろしにしょうゆ!
ゆずポン酢をかけて、さっぱりした味わい♪暑い時には、冷やしうどんが最高です!


【楽天市場】香川県から本場の讃岐うどんをお届け!14人前つゆ付うどん醤油&手絞りの柚子ポン酢が旨い!【...


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<