茶しんホワイト餃子

茶しんホワイト餃子

滋賀県長浜市黒壁スクエア周辺のグルメと言えば・・・
"茶しん"の「ホワイト餃子」は、かなり人気のある食べ物です。


▼茶しんの地図


ホワイト餃子は管理人が初めて食べたのは、実は、茶しんではなく、
金沢市の餃子の名店、『第七餃子』ででした。

そこの餃子の味が、今も忘れられなくて、近くでホワイト餃子を食べれる店はないかと調べた時、
長浜市にも、ホワイト餃子を食べれる店があったんだ!と初めて気がついた訳です^^;

▼茶しんの外観 


ですので、恥ずかしながら、管理人が茶しんでホワイト餃子を食べ始めたのは、つい最近です。


なお、店の外観は、お世辞にも綺麗とは言えません。(内観もそうですが)
しかし、この茶しんは、長浜市のグルメを語る上では、必要不可欠な店なのです。

茶しんにはホワイト餃子以外にも、「暫(しばらく)」や「イタリアン焼きそば」など独特メニューが多いです。
ですので、長浜に観光に来られた方は、この茶しん、是非寄ってみて下さい。


「茶しん ホワイト餃子」を食べた感想

と言う事で、、、「茶しん ホワイト餃子」を実際に食べてみました^^

価格は、大20個900円(税込)、小10個450円(税込)でした。


コレッ!これですよ!独特のまあるい普通の餃子よりも重厚感のある外観。
これが、ホワイト餃子というものです。


ホワイト餃子は、金沢市の『第七餃子』や千葉県柏市の『ホワイト餃子』が有名です。
しかし、関西では食べれる店がほとんどないため、茶しんは、とても貴重な存在です。

小皿が一緒に出て来ますので、
そこに酢と醤油、ラー油、お好みで七味唐辛子を加えてタレを作ります。


外側は油でカラっと焼かれており、非常に皮が分厚いです。
やっぱり、出来たてアツアツ、皮もパリパリなのをを食べるのが、イイですね!


一口食べると、パリッとした餃子の程良い食感がとともに、
口の中に濃厚な餃子の味が染み出て、何ともいえない幸せな気分になります^^

普通の餃子とは、やっぱり全然違います。
ホワイト餃子でないと、この満足感は得られませんね。


管理人的には、思い出補正もあるので、金沢の『第七餃子』の方が好きですが、
それに匹敵するくらい美味しいですし、近場でこの味にありつけられるだけで幸せです♪


まぁ、近場に店が無い!という方は、茶しんでは通販も行われているので、
そちらを利用されて見ると良いかもしれませんね。

ただ、ホワイト餃子の作り方は独特、かつ、工夫が必要で、
家庭で店の味が再現出来るか?・・・と言うと、難しいような気もします。

結論としては、やっぱり、現地で食すのが一番だと思います^^;


<「茶しん ホワイト餃子」 を試食しての評価>

価格:2人前大20個900円(税込)、1人前小10個450円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★★☆
管理人お気に入り度:★★★★★
※★3つが標準です

【PR】
餃子ならこちらもオススメ!餃子激戦区の宇都宮の二大名店のうちの一つ!
【まさしのぎょうざ生餃子】をお試しあれ!

まさしのぎょうざ生餃子(90ケ入)【RCP】

まさしのぎょうざ生餃子(90ケ入)【RCP】
価格:3,000円(税込、送料別)


【楽天市場】まさしのぎょうざ生餃子(90ケ入)【RCP】



▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<