茂美志屋(もみじや)のっぺいうどん

茂美志屋(もみじや)のっぺいうどん

滋賀県長浜市の名物料理と言えば、「焼鯖そうめん」とか「鴨すき」が有名ですが。
それ以外にも、『のっぺいうどん』なんてのも有名です。

長浜の道の駅によっては、下記のような、のっぺいうどんのお土産も売られたりしています。


▼「近江母の郷」の土産物販売所にて



しかし、今回、ご紹介するのは、そういったお土産物の「のっぺいうどん」ではなく、
のっぺいうどんを有名にした、老舗中の老舗の「のっぺいうどん」です。

それが、、、長浜市の茂美志屋(もみじや)です。


▼茂美志屋(もみじや)の店舗


場所は、長浜黒壁ガラス館のすぐそばです。


▼「茂美志屋(もみじや)」の地図

それで、茂美志屋(もみじや)さんの「のっぺいうどん」なんですが・・・
実は、管理人も地元長浜に住んでおきながら、食べるのは初めてです^^;

これまで、なかなか食べる縁が無かった訳ですが、ようやく食べれます(´∀`;)
ってことで、おおきな暖簾をくぐって店内へ。



(残念ながら店内写真はありませんが)
店内で、まず目を引いたのは、壁に所せましと並べてある有名人のサイン。
いやぁ、本当に有名なんですね。この店。


そして、店員さんに、店の名物の「のっぺいうどん」を注文しました。

他にも、(生の)近江牛が載った「近江牛のっぺいうどん」もあるみたいですが、
昼飯にあまりお金をかけてられないので、オーソドックスに、うどんだけ頼みます。


「茂美志屋(もみじや)のっぺいうどん」を食べてみた感想

下記がその「茂美志屋(もみじや)のっぺいうどん」です。

価格は、1,100円(税込)です。


出てきた時は、かなり容器が大きいのと、大きな蓋で圧倒されます。
「のっぺい」という怪しい言葉とともに、何やら、ただならぬ気配を感じさせます。


蓋を開けてみると、なかから、のっぺりした汁をまとったうどんが出てくるではありませんか!


そう、、、実はこれこそが、のっぺいの正体です。

"のっぺい"とは、関西風のダシにとろみをつけた汁が、のっぺりしているから付けられた名前です。
(決して、中央の大きな椎茸の事を言っているのではありません)


さて、食べてみましょうか。。。汁の方は、ほんとうにトロトロしてます。
ダシの味もなかなか美味くて、あんかけを食べているみたいな感じです^^;

汁の方にトロミがついている分、中に在るうどんや具材は、やや取り出し辛いです。
思ったより、汁の部分は重みがあります。


この「のっぺいうどん」の具材は、生湯葉、しいたけ、生麩、みつば、かまぼこ等ですが、
やっぱり、一番、目を引くのは、中央にドカン!とそびえる椎茸ですね。

このしいたけ、凄くデカイです。それに厚みもあります。
しかし、でかい割に、結構、味が良いんですよ。非常に良いダシが染み込んでます。


椎茸を食べた時は、まるで、何かの肉かアワビを食べているような、
そう思うほど、ボリュームもあるし、美味しかったです。

椎茸が、やっぱり、メイン具材ですね。

それ以外は、生湯葉は、結構美味しかったです。
なかなか、コシ(?)のある生湯葉でした。


そうして、最初はボリュームあると思った「のっぺいうどん」も見事完食!
ごちそうさまでした^^


全体的な評価としては、非常に美味しくて、名物と呼ばれるだけあるなと思いました。
ただ、うどんで、1100円は高い気がするので、これは観光地価格かなかもしれませんね。
(そういう事で、コストパフォーマンスだけは割引きました)

でも、長浜に観光に来たなら、オススメできるグルメ料理の一つだと思います。


<「茂美志屋(もみじや)のっぺいうどん」 を試食しての評価>

価格:1,100円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★☆☆☆
管理人お気に入り度:★★★★☆
※★3つが標準です


【PR】大根おろしにしょうゆ!
ゆずポン酢をかけて、さっぱりした味わい♪暑い時には、冷やしうどんが最高です!


【楽天市場】香川県から本場の讃岐うどんをお届け!14人前つゆ付うどん醤油&手絞りの柚子ポン酢が旨い!【...


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<