菊水飴

菊水飴

滋賀県長浜市のお土産の中でも、350年もの歴史と伝統を持つ名物お土産があります。
それが、、、下記の菊水飴です!



長浜市の道の駅なら、大概の所に置いてある名物お土産です。

近江母の郷、湖北みずどりステーション、あぢかまの里で置いてあるのを確認済みですが、
その他、余呉町坂口の菊水飴本舗の店舗でも購入可能です。


価格は1個600円(税抜)。
砂糖添加物等一切使用せず、独特の風味をもつ昔懐かしい飴です。


今回は、この菊水飴を、実際に購入しましたので、
実際に、食べてみてどうか?というところを、検証してみたいと思います^^。


「菊水飴本舗 菊水飴」の歴史

と言う事で、早速、「菊水飴」を開けて見ようと思います^^

外見は、結構昔ながらの桶を思わせるような風貌です。
まず、外側の縄をほどいてやって、蓋の上にある赤い冊子を開きます。


冊子を開くと棒状のものと、菊水飴の簡単な食べ方の説明文が出て来ます。



この棒状のものは、包み紙をはがすと、プラスチックの棒になっています。
要は、このプラスチックの棒で、飴をくるくる掬い取って食べるってことですね^^




容器の方は、外紙を取り外すと、中から菊水飴のご由緒が書かれた紙が出て来ます。



ちょっと紙の中身を見てみましょうか。
何が書いてあるかと言うと、、、下記の通り書かれてます。

<菊水飴>
名産菊水飴は江戸時代より北国街道の名物として多くの人に親しまれ、昔を今に伝統を受け継ぎ、 独特の風味をもつ昔懐かしい手作りの飴です。お箸で巻いて召し上がっていただく柔らかい飴です。 往時はただ地名の(江川坂口)の焼印を押捺するのみにて販売していました。これ坂口飴の名にて宣伝され親しまれたところであり、 曲物入り、竹皮の包装は元禄時代からのもので、肩や荷物の上に牛や馬の背中につけて道中での雨露をしのぎ変質を防いだものです。 明治時代に菊水の紋章を以て登録商標として登録、『菊水飴』と称するようになりました。


<来歴>
家伝菊水飴は今を去る参百五拾余年前、福井二代目城主、松平光通卿が参勤の途路、腹痛を治した功により数々のご褒美を賜り、 以来代々『御用飴屋』として仕えて来ました元禄年間には京都醍醐三宝院の宮様、この飴の風味をお褒めになり、菊のご紋の暖簾(のれん)と共に 次の若を賜りて『菊水飴』と称えよと仰られました。

つきせしな 千代の 久寿利に 栄えける 黄金のいろの きくすいのあめ

これにより明治十八年商標登録致しました。
明治二十三年第三回内国勧業博覧会に於いて『品位佳良風味亦宜シ頗ル嘉スベシ』の褒状を頂きました。
明治二十六年コロンブス世界大博覧会に於いて『純良精選且滋味多』の優等判決書及び賞牌を頂きました。
昭和二十六年第一回滋賀県観光土産店展示会に於いて優選第1位に入賞して以来、滋賀県観光土産品として、全国観光土産品協議会の認定を受けて毎回滋賀県観光土産品審査を受けて参りました。
第十三回全国観光土産品展示会に於いて日本商工会議所頭賞を受賞しました。
明治維新百年大祭奉祝第六回全国特産物奉献式に献納感謝状を頂く等いろいろの展示会に出展数々の栄誉を頂き好評を得ています。
昔は北国街道の名物でありましたが、今は湖国滋賀の名産品として製品の改良精選に努めています。
何卒、商標ご見認の上、倍々ご用命を賜りますようお願いいたします。 敬白


まぁ、こうやって、改めて書き出してみると、、、
菊水飴は、この湖北地域だけでなく、滋賀県を代表するお土産であることが分かります。


って事で、説明ばかり長くなりましたが、実食したいと思います。


「菊水飴本舗 菊水飴」を食べた感想

まず、全て表の包みなどを取り外すと、下記のようになります。
この表面が蓋になっていて、そこをパカッと取り外す訳ですね。



蓋を開けると、下記のような感じです。少し蓋にくっついちゃってます。
あと、結構、飴の方が泡立ってますね。(でも、食べていくについて、泡はなくなります)



これを、先ほどのプラスチックの箸で、掬い取っていくわけですね。




丸くなるようにくるくるっと巻き取って、、、なんかちょっぴり面白いです^^
まるで、"ねるねるねるね"を作っているような感じですw



非常に柔らかい飴で、本当に良く伸びます。食感もとろけるような感じ。
菊水飴のお味の方は、、、表現が難しいですが、下記の『黄金飴』を液状にしてまろやかにした感じです。



まぁ、この味は、一度ご自身でお試しになると良いと思います^^
下記から通販でも購入できますので、気になる方は、お試しください。



<「菊水飴本舗 菊水飴」 を試食しての評価>

価格:1個600円(税抜)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★★★☆
コストパフォーマンス:★★★★☆
管理人お気に入り度:★★★★★
※★3つが標準です

【PR】
夏季はキンキンに冷たい「ひやしあめ」、冬季はポカポカの温かい「あめ湯」
最上級の米飴と中双糖を地釜でコトコト焚きあげた水飴、京都の手づくり【冷しあめの素】


【楽天市場】あめ湯・生姜湯(しょうが湯)に!最上級の米飴と中双糖を地釜でコトコト焚きあげしょうが風味...


カテゴリー:飴・水あめ


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<