萬與(まんよ) 生姜糖

萬與(まんよ) 生姜糖

管理人も不思議なんですが、滋賀県長浜市は生姜を使ったお菓子が多いように感じます。
長浜名物の「堅ボーロ」も生姜糖のボーロですし、焼き鯖寿司に生姜が入っていることもあります。

何か長浜市は、昔から、生姜との所縁が深い町・・・のように思います。


それで、その生姜の極め付け、、、とも言うべきお土産が、『萬與(まんよ)の 生姜糖』です!


▼「萬與(まんよ)」の地図

▼「萬與(まんよ)」の店舗の外観


下記が、その『萬與(まんよ)の 生姜糖』です。

管理人は、長年、そのパッケージは知ってたんですが、
生姜糖だけで、美味しく食べられるものなのだろうか???と思って、半信半疑でした(^^;


ですので、その存在は知っていても、これまで一度も食べた事はありませんでしたし、
詳しく見みることも全くありませんでした。

そのため、この日、初めて知ったんですが・・・
『萬與(まんよ)の 生姜糖』には、黒糖味とノーマルの2種類あるようです。


中身が黒い色しているのが、黒糖味の生姜糖で、真っ白いのが、普通の生姜糖です。


まぁ、管理人は、この生姜糖を食べるのも初めてですので・・・
冒険は犯さずに、まずはノーマルの白い生姜糖の方を試してみる事にしました^^


「萬與(まんよ) 生姜糖」を食べてみた感想

さて、下記が長濱名物「萬與(まんよ) 生姜糖」です。

価格は、1個 190円(税込)です。


外箱を開けて、中身を取り出すと、
下記のような白い紙に包まれた、平板状の物体が入っています。


さて、この白い包み紙を取り外しますと・・・
中からは、のべーっとした白い板状の生姜糖が出て来ますが・・・

これはまるで・・・!!!


これは、どこぞの、妖怪キャラにそっくりです(笑

思わず、管理人は「ぬりかべー」と叫んだとか叫ばないとかw



すいませんね^^;
ちょっとおふざけが過ぎました。

そうですよね。
ぬりかべは灰色がかっているので、白さを考えると、こちらの方でしたね(笑



まぁ、なんて言う冗談はさておいて・・・ここからは、真面目に紹介しましょう^^;

先ほどの白い面は、実は裏面で、表面が下記です。
下記のように、碁盤目状に、割り易いようにラインが入っていますね。


実際に割ってみると、パキッと言う感じで割れます。
下記は、ちゃんとラインに沿って割れませんでした(失敗)



そのまま食べて見ると・・・
うーん、やっぱり生姜糖ですね。堅ボーロの外側の糖だけを食べているような感じです。

表面はちょっとザラっとした感じで、口の中に入れると、
さらさらさらーっとほどけていく感じです。まるで砂のように溶けていきます。


まぁ、なんて言うんでしょうね。。。
生姜味の付いた、口どけの良い、氷砂糖???とでも表現すれば良いでしょうか。


まぁ、これは、完全に飴代わりで食べるようなお菓子だと思います。
(氷砂糖を舐めるようなものですね)

多分、この生姜の味は、子供はあまり食べたがらないかも知れませんね。
でも、お年寄りなどには、こういう味が懐かしくて堪らない味ではないでしょうか^^;

(管理人的には、こういう糖分だけで食べる食べ物は、ちょっと苦手かも?)


<「萬與(まんよ) 生姜糖」 を試食しての評価>

価格:1箱 190円(税込)
※値段は時期によって変動する場合があります

お土産の味:★★☆☆☆
コストパフォーマンス:★★☆☆☆
管理人お気に入り度:★★☆☆☆
※★3つが標準です

【PR】幻の出西ショウガを原料とした生姜糖
出雲地方(斐川町・出西地区)で栽培されている
出西(しゅっさい)しょうがを原料とした生姜糖です。

【楽天市場】【送料無料】生姜糖(しょうが糖)|風味豊かな出西生姜のしょうが糖上品な味わい來間屋生姜糖...


カテゴリー:飴・水あめ


▼滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング▼

>>滋賀県長浜市のオススメお土産ランキング 総合ベスト10を見る<<